2013/6/13 「提訴しました」の舞台裏

Category - へぇ〜な話 作成者:友弘 克幸

友弘です。

今日から、裁判にまつわる、へぇ〜な話を紹介してゆこうと思います。

よく、テレビや新聞で、

「今日、○○の事件の被害者○○名が集団で、○○地裁に提訴しました」

というようなニュースを目にしませんか?

最近のものだと、6月10日のニュースで、

「MRIに出資金返還求め提訴 顧客9人、東京地裁に」

というニュースがありました。

で、ニュースを見ると、

「MRIに出資金返還を求める提訴のため東京地裁に向かう被害弁護団=10日午後」という写真がついていますよね。

この写真を見ると、

「提訴というのは、ずいぶん仰々しいものだな」

と思われるかもしれません。

が、実は・・・

こんなふうに提訴する事件は、すべての裁判の中で、おそらく1%もありません。

どういうことかといいますと、

提訴というのは、「訴状」という書類を裁判所に提出する手続きです。

「書類を出す」だけですから、たくさんの弁護士が代理人(弁護団)としてついていても、わざわざ弁護士全員が揃って出しに行く必要はないわけです。

もっと言うと、弁護士が自分で持って行く必要すらありません。

実は、弁護士が当事者の代理人として提訴する裁判の大部分は、法律事務所の事務員さんが裁判所まで訴状を持って行ったり、郵送で訴状を提出したりしています。

では何のために、あんな風に弁護士が揃って、ぞろぞろと裁判所に入ってゆくのかといえば、ずばり、

マスコミに報道してもらうため

です。

公害や労災、組織的な詐欺の事件など、社会的に注目を浴びる事件では、

提訴する側(被害を受けたと訴える原告側)は、

「社会の人々にこの問題を広く知ってもらいたい!

 そして、できることなら応援してほしい!」

と思うことがよくあります。

また、マスコミのほうでも、

「この裁判は社会の関心を集めるだろうから、ぜひ報道したい!」

と考えることがあります。

そんなときに、アナウンサーが

「裁判所に訴状を提出しました」

と読み上げるだけでは、インパクトがない。

そこで、

「裁判所に入ってゆく弁護団」

の映像を添えるというわけです。

 

私も2,3回経験があるのですが、あれはどうやっているかというと、

あらかじめマスコミの方たちと、提訴先の裁判所の、正門の近くで待ち合わせをします。(裁判関係の取材を担当する「司法記者クラブ」の方がマスコミ側の取りまとめ役をされることが多いです。)

そして、弁護士や原告となる方がみんな揃ったら、マスコミの方の合図に従って、

みんなで無言で揃って歩き、裁判所の建物に入ってゆく

のです。

もちろん、「わざわざ撮っている」ふうに見えてはいけないので、

カメラ目線はご法度です。笑ったりしゃべったりもいけません。

ごく自然に、歩かなければなりません。

(しかし、「ごく自然に」が意外と難しい。)

もちろん、そうやって裁判所に入ったあとは(裁判所の建物内は基本的に撮影が認められていません)、そのまま訴状を受け付ける係に行って、訴状を裁判所の担当職員の方に手渡す、という流れになります。

以上、へぇ〜な話でした。

次回は、法廷内でのテレビ撮影について書こうと思います。