9/23 半沢直樹(3)最終回

Category - テレビ番組 作成者:友弘 克幸

「半沢直樹」、ついに最終回が終わりました。

半沢が証券会社への出向を命じられるラストは衝撃的でしたが、従業員の人員配置について企業が強大な人事権を行使している日本の実態に照らすと(それが法的に正しいかどうかはともかく)、ああいう展開でも不思議はないのでしょう。

まさに、「人事が全て」ですね。

それにしても、大和田常務は、あれだけのことが発覚しているのに、取締役の地位にとどまっていて良いのでしょうかね。

大和田常務のしたことは、取締役の会社に対する忠実義務(会社法355条)に明らかに反していると思うのですが・・・。

法の建前としては、そういう場合には監査役が不正行為の内容について調査して監査報告の形で株主総会に報告し(会社法381条)、それを受けた株主が、次の株主総会で大和田常務を取締役として選任せず退任させる、というようなことになるのでしょうが、法の建前どおりには行かないのもまたメガバンクの現実、ということなんでしょうか。

いずれにしても、続編が楽しみです。