交通事故で怪我をして治療を続けると、ある時点で「症状固定」とされ、その後の治療費については原則として損害として認められなくなります。

治療費が損害として認められないということは、治療費を自己負担しなければならないということを意味しますので、特に自由診療で治療を受けているときなど、思わぬ大きな負担を強いられる可能性があります。

交通事故の治療については、医師と相談しながら適切なタイミングで後遺障害診断書を作成してもらい、その後は健康保険で治療を受けるといった対応も検討する必要があります。

ただし、症状固定後の治療費であっても、後遺障害の程度、内容、治療の内容等から、因果関係が認められることもあります。

例えば、治療によって症状の悪化を防止する必要がある場合や、強い身体的苦痛を軽減する必要がある場合などで、医師の意見書により必要性、相当性を立証していくことになります。

なお、将来の治療費が損害賠償として支払われる場合には、将来必要となるお金が今すぐ支払われることになるため、将来利息控除という計算により減額された金額が認められることにになります。