解決事例

後遺障害診断書作成時に病院に付添いいただき心強かったです

後遺障害診断書作成時に病院に付添いいただき心強かったです(K.N 男性)

初めての交通事故で力になっていただき、ありがとうございました。

後遺障害の診断書作成時には、病院まで付き添いしていただき非常に心強かったです。

弁護士からのコメント

交通事故に遭われ、治療中にご相談に来られました。

ご依頼者様は、治療終了時点でも残る痛み、痺れについて適正な後遺障害等級の認定がなされるか不安に思われていました。

そこで、後遺障害診断書の作成を依頼する際に同行し、必要な検査が行われているかを確認するとともに、診断書に必要な記載をしていただけるよう医師に依頼しました。

その結果、自賠責保険の被害者請求において後遺障害等級14級の認定があり、ご依頼者様に満足いただける結果となりました。

当事務所では、治療中でのご依頼もお受けしており、保険会社との間での治療費、休業損害の内払い等の交渉や、適正な後遺障害等級獲得に向けた活動を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

一覧へ戻る