自転車と歩行者の事故の過失割合を事例で解説

自転車と歩行者の事故の過失割合について、裁判の事例を紹介しながら解説します。

保険会社から「歩行者側にも過失がある」と言われ、賠償金の減額を主張されているときに参考にしてください。

自転車同士の事故の過失割合については、『自転車同士の事故の過失割合を事例で解説』で解説しています。

このページで解決するお悩み

  1. 自転車と歩行者の事故の事例がわかる
  2. 自転車と歩行者の事故の過失割合がわかる

交通事故の弁護士

信号のない横断歩道上の事故の事例

歩行者が信号のない横断歩道を横断中に自転車に衝突された事故です。

自転車は横断歩道へ接近するにあたり、横断者の有無を確認し、すぐに停止できる速度で走行するといった重い注意義務が課せられており、自転車の過失が重いとされています。

参考ページ

  1. 信号の設置されていない横断歩道上の事故の過失割合
  2. 横断歩道上の事故の過失割合

横断歩道と自転車

横断歩道内の自転車

裁判例①

大阪地裁令和2年12月17日判決

横断歩道を横断中の歩行者に自転車が衝突した事故です。

歩行者について過失相殺を認めませんでした(歩行者の過失割合0%)。

横断歩道を歩行中の歩行者に自転車が衝突した事故

裁判例②

大阪地裁平成25年1月28日判決

横断歩道ないしすぐ横を歩行していた歩行者に自転車が衝突した事故です。

歩行者について過失相殺を認めませんでした(歩行者の過失割合0%)。

横断歩道の歩行者に自転車が衝突した事故

横断歩道のない交差点の事故の事例

歩行者が横断歩道のない交差点を横断中に自転車に衝突された事故です。

歩行者も横断歩道ではない場所を横断するのですから、安全を確認する義務があるとして基本的には一定程度の過失が認められることになります。

一方で、自転車も交差点内の安全を確認して進行する義務がありますので、双方の過失について十分に検討する必要があります。

参考ページ

  1. 横断歩道のない交差点の事故の過失割合

交差点の横断

裁判例①

東京地裁平成23年7月27日判決

丁字路交差点を横断していた歩行者に、直進する自転車が衝突しました。

歩行者に15%の過失を認めています。

丁字路交差点を横断する歩行者に直進自転車が衝突した事故

裁判例②

神戸地裁平成21年3月25日判決

歩行者が交差点手前で道路を横断していたところ、交差点を直進してきた自転車に衝突されたという事故です。

歩行者に30%の過失を認めました。

交差点手前で道路を横断する歩行者に、交差点を直進する自転車が衝突した事故

歩行者が道路を横断中の事故の事例

歩行者が横断歩道ではない場所で道路を横断していたときの事故です。

歩行者も道路を横断する以上は安全確認を行う必要がありますので、基本的には一定程度の過失が認められることになります。

歩行者の道路の横断方法については『歩行者の道路の横断方法は?』を参考にしてください。

参考ページ

  1. 歩行者が道路横断中の事故の過失割合

道路横断中の事故

裁判例①

東京地裁平成22年3月10日判決

歩行者が道路横断開始後に自転車に衝突されたという事故です。

歩行者に20%の過失を認めました。

道路の横断を開始した歩行者が自転車に右足を轢かれた事故

自転車が路側帯を直進していた事故の事例

自転車が路側帯を直進して歩行者に衝突した事故です。

自転車も路側帯を通行することが認められていますが、歩行者の通行を妨げない義務がありますので(歩行者優先)、基本的には歩行者には過失がないとされます。

参考ページ

  1. 自転車が路側帯を直進している場合の事故の過失割合

路側帯を直進

裁判例①

名古屋地裁平成30年2月28日判決

路側帯で無灯火の自転車が歩行者に衝突した事故です。

歩行者について過失相殺を認めませんでした(歩行者の過失割合0%)。

路側帯で無灯火の自転車が歩行者に正面から衝突した事故

自転車が歩道を直進して歩行者に衝突した事故の事例

自転車が歩道を直進して歩行者に衝突した事故です。

自転車も歩道を通行できる場合がありますが、徐行して歩道の中央より車道寄りを通行しなければなりませんし、歩行者の通行の妨げになるときは一時停止する義務などもあります。

基本的には歩行者に過失が認められることはないとされています。

自転車の歩道の通行方法については『自転車も歩道を通行できるの?』を参考にしてください。

関連ページ

  1. 自転車が歩道を直進している場合の事故

歩道を直進

裁判例①

東京地裁平成30年12月12日判決

歩道で正面から走行してくる自転車が歩行者と接触した事故です。

歩行者について過失相殺を認めませんでした(歩行者の過失割合0%)。

歩道上で対向する自転車のハンドルが歩行者の腕に接触した事故

裁判例②

大阪地裁平成19年7月10日判決

歩道で自転車が歩行者に正面から衝突した事故です。

歩行者について過失相殺を認めませんでした(歩行者の過失割合0%)。

歩道上で自転車が歩行者に正面から衝突した事故

裁判例③

歩道上で自転車が歩行者に後方から衝突した事故です。

歩行者について過失相殺を認めませんでした(歩行者の過失割合0%)。

歩道上の歩行者に自転車が後方から衝突した事故

歩行者が歩道に進入した場合の事故の事例

歩行者が歩道に進入し、歩道を走る自転車と衝突した事故です。

保険会社から過失相殺の主張があり、大きな争いになることが少なくない事故類型です。

自転車側としても「歩行者が歩道に出てきたのだから、少しは過失があるはずだ・・・」と思ってしまいますが、基本的には歩行者に過失は認められません。

また、歩行者に過失を認める修正要素というのはあるのですが、自転車が歩道を通行するルールを守っていることが前提とされるので、修正要素が適用できる事案は多くありません。

保険会社から過失相殺の主張があってもきちんと反論していきましょう。

関連ページ

  1. 歩行者が歩道に進入し自転車と衝突した事故の過失割合

歩行者が歩道に進入

裁判例①

横浜地方裁判所平成29年7月7日判決

自宅から歩道に出た歩行者に、坂道を下る自転車が衝突した事故です。

歩行者について過失相殺を認めませんでした(歩行者の過失割合0%)。

歩道において自宅門から出た歩行者に、坂道を下る自転車が衝突した事故

裁判例②

神戸地方裁判所平成29年3月21日判決

店舗から歩道に出た歩行者に、歩道を直進する自転車が衝突した事故です。

歩行者について過失相殺を認めませんでした(歩行者の過失割合0%)。

歩道において店舗から出てきた歩行者に自転車が衝突した事故

まとめ

自転車と歩行者の事故で過失割合が争いになったときは、裁判所が類似の事案でどのような判断をしてきたか調査することがとても重要です。

西宮原法律事務所では、自転車事故に詳しい弁護士による無料相談を行っておりますので、お気軽にご相談ください。