自転車事故でも慰謝料を請求できる?

自転車事故に遭われたときの慰謝料について解説します。

自転車事故の慰謝料とは?

自転車事故の慰謝料とは、自転車事故による精神的苦痛に対して支払われるお金です。

治療費や、休業損害などと違い明確な金額ではないため、どのように計算するかが問題になります。

自転車事故の慰謝料にはどのようなものがあるのか?

自転車事故の慰謝料には、入通院慰謝料(傷害慰謝料)、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の3種類があります。

入通院慰謝料

自転車事故の入通院慰謝料とは、自転車事故で怪我をして、入院したり、通院したりすることで発生する慰謝料です。

後遺障害慰謝料

自転車事故の後遺障害慰謝料とは、自転車事故で後遺障害が認められることで発生する慰謝料です。

死亡慰謝料

自転車事故の死亡慰謝料とは、自転車事故で被害者が死亡したときに認められる慰謝料です。

自転車事故の慰謝料の基準

自転車事故の慰謝料には3つの基準があります。

自賠責基準

自賠責保険で採用されている計算方法で、一番低額になってしまいます。

任意保険基準

保険会社が採用する基準で、自賠責基準よりは高額ですが、裁判基準よりは低額です。

裁判基準

裁判になったときに採用される基準です。

一番高額となる基準なので、裁判基準の慰謝料を認めるよう保険会社と交渉していくことになります。

自転車事故の入通院慰謝料の計算方法は?

自転車事故の慰謝料を裁判基準で計算するときは、入通院期間に応じて以下の表で計算することになります。

自転車事故の慰謝料

入通院期間は1か月を30日として計算します。

保険会社は、通院実日数(病院に行った回数)が少ないときは、「通院実日数×3.5」を通院日数にすべきと主張することがあります。

これは、通院期間が長期化しているときのルールなので、通院期間が1年未満のときには当然に妥当しません。

保険会社に対し、きちんと反論することが大切です。

自転車事故で不満があるときは?

保険会社から提示された慰謝料の額に不満があるときは、自転車事故に詳しい弁護士に相談しましょう。

自転車事故の専門サイトでは、自転車事故の慰謝料について詳しく解説しています。

自転車事故の慰謝料の解説