自転車事故の慰謝料の計算方法や相場を知りたい

自転車事故で怪我をしたときには慰謝料を請求することができますが、保険会社の提示する慰謝料の額は妥当な金額なのでしょうか?

自転車事故の慰謝料の計算方法や相場について、事例も紹介しながら解説していきます。

このページでわかること

  1. 自転車事故の慰謝料の計算方法や相場がわかる
  2. 慰謝料が減額されないよう注意することがわかる
  3. 自転車事故の慰謝料の事例がわかる

自転車事故の慰謝料とは?

自転車事故の慰謝料とは、自転車事故による精神的苦痛に対して支払われるお金です。

治療費や、休業損害などと違い明確な金額ではないため、どのように計算するかが問題になります。

自転車事故の慰謝料にはどのようなものがあるのか?

自転車事故の慰謝料には、入通院慰謝料(傷害慰謝料)、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の3種類があります。

入通院慰謝料

自転車事故の入通院慰謝料とは、自転車事故で怪我をして、入院したり、通院したりすることで発生する慰謝料です。

後遺障害慰謝料

自転車事故の後遺障害慰謝料とは、自転車事故で後遺障害が認められることで発生する慰謝料です。

死亡慰謝料

自転車事故の死亡慰謝料とは、自転車事故で被害者が死亡したときに認められる慰謝料です。

自転車事故の慰謝料の基準

自転車事故の慰謝料には3つの基準があります。

自賠責基準

自賠責保険で採用されている計算方法で、一番低額になってしまいます。

任意保険基準

保険会社が採用する基準で、自賠責基準よりは高額ですが、裁判基準よりは低額です。

裁判基準

裁判になったときに採用される基準です。

一番高額となる基準なので、裁判基準の慰謝料を認めるよう保険会社と交渉していくことになります。

自転車事故の入通院慰謝料の計算方法は?

自転車事故の慰謝料を裁判基準で計算するときは、入通院期間に応じて以下の表で計算することになります。

自転車事故の慰謝料

入通院期間は1か月を30日として計算します。

保険会社は、通院実日数(病院に行った回数)が少ないときは、「通院実日数×3.5」を通院日数にすべきと主張することがあります。

これは、通院期間が長期化しているときのルールなので、通院期間が1年未満のときには当然に妥当しません。

保険会社に対し、きちんと反論することが大切です。

慰謝料が減額されないために注意することは?

自転車事故の慰謝料が計算上の金額よりも減額されてしまわないよう注意することについて解説していきます。

怪我をしたら病院にいく

自転車事故で怪我をしたら必ず病院で治療を受けましょう。

自転車事故で怪我をしたことを理由に慰謝料を請求するためには、病院の診断書で怪我をしたことを証明する必要があるのです。

また、病院に行くのが遅いと、自転車事故による怪我かどうか争われる可能性もあります。

事故から少し時間がたってから痛みが生じることもありますので、痛みを感じたらすぐに病院に行くようにしましょう。

また、治療を受けている箇所と違う箇所に痛みが生じた場合も、すぐに医師に申告して治療対象にしてもらいましょう。

病院へ行く頻度に気をつける

自転車事故の怪我で通院することになっても、仕事などが忙しくて、病院に行く回数が少なくなってしまうというケースもあります。

通院頻度が余りに少ないと慰謝料に影響する可能性もありますので、医師の指示にしたがってきちんと病院に行くようにしましょう。

治療終了まで病院に行く

治療の途中で病院に行かなくなってしまうと、最後に病院に行った日までが治療期間とされてしまう可能性があります。

自転車事故の慰謝料は治療期間によって決まりますので、治療期間が短くなると、それだけ慰謝料が少なくなることを意味します。

怪我の治療にとってもよくないことなので、医師に通院を継続するよう指示されているときは、自分の判断で通院をやめることのないようにしましょう。

症状固定のタイミング

自転車事故の慰謝料は、通院を続ければ続けるほど慰謝料が増えるというわけではありません。

裁判になった場合には、裁判所が妥当な通院期間を認定しますので、計算上の金額よりも慰謝料が少なくなる可能性があります。

症状が続いていれば通院を続けても問題ないのですが、適切なタイミングで「症状固定」として、損害賠償との関係では一区切りすることも重要となります。

事故の前からの怪我

自転車事故で怪我をしたときに、事故の前から同じ場所を怪我していたということも少なくありません。

もともとの怪我が、事故のよる怪我や後遺障害に影響を与えたということで、「素因減額」として慰謝料が減額されてしまう可能性があります。

被害者としては、事故前からの怪我の影響は小さいことを主張し、慰謝料が減額されないよう反論していくことになります。

自転車事故で不満があるときは?

保険会社から提示された慰謝料の額に不満があるときは、自転車事故に詳しい弁護士に相談しましょう。

自転車事故の専門サイトでは、自転車事故の慰謝料について詳しく解説しています。

自転車事故の慰謝料の解説